カテゴリー
スポーツ

松山英樹が全米プロゴルフ選手権で後半失速し悔しい5位

あと一歩のところでメジャー初制覇の夢が潰えてしまいましたね。

先日、松山英樹は、全米プロゴルフ選手権に挑みましたが、

8アンダーで優勝したジャスティン・トーマスとは、

3打差の通算5アンダーで惜しくも5位に終わりました。

最終日に10番ホールでバーディーを取って単独首位に立った時には、

いよいよ松山英樹が全米プロゴルフ選手権を優勝して、

初めてメジャータイトルを奪取するのかとワクワクしていました。

ところが、11番ホールから、12番、13番と連続ボーギーを叩き、

一気にメジャー制覇の夢が遠のいていってしまったんです。

今回の優勝でメジャー初制覇を成し遂げたジャスティン・トーマスと、

またしてもメジャータイトルに手が届かなかった松山英樹とでは、

どこで明暗が分かれた最終日を少し振り返ってみました。

すると、優勝したジャスティン・トーマスは、

ここぞという局面で強気に攻めのゴルフしていましたし、

パットの技術も松山英樹を上回っていた感じがしたんです。

一方、松山英樹は、11番でセカンドショットをミスして、

3打目以降でもリカバリーできずにそのままボギーとなり、

そのままズルズルと後退してしまいました。

16番ホールでも、池を恐れて松山英樹は守りに入りましたが、

ジャスティン・トーマスは、池を恐れずに攻めたことで、

2打目をピンまで4メートルの位置につけてバーディーを奪いました。

池を嫌って逃げた松山英樹は、パーをセーブするのが精一杯。

この攻めで奪った17番のバーディーで、

ジャスティン・トーマスの優勝は決まりましたね。

やはり、メジャータイトルを勝ち取るためには、

強い精神力で攻めのゴルフ続けることが大事だと思います。

あと、以前は弱点でもあった苦手のパットを

松山英樹は、練習によって克服しつつあります。

ただ、パットが得意なジャスティン・トーマスと比べると、

まだまだ大きな差があるように見えました。

パットの技術がもう一段階レベルアップできれば、

メジャー初制覇もかなり現実味を帯びてくるでしょう。

それにしても、やっぱり11番からの3連続ボギーは悔いが残りますね。

せめて3ホールともパーをセーブできていたら、

そのまま波に乗って松山英樹が優勝していたんじゃないでしょうか。

カテゴリー
健康生活

減塩の食生活は辛い!

皆さんは、毎年健診を行っていますか?

若い頃は、会社で健康診断があっても、何の抵抗もなく受けていましたが、

年齢とともに、健診を受けるのが怖くなってきました。

数年前は、コレステロール値が急に高くなり食事指導を受け。

今回、今度は血圧の数値が高くなっているのです。

このまま、放置すると血管がボロボロになり、心筋梗塞、脳梗塞などの突然死のリスクが高くなるので

今のうちに、塩分を抑えた食生活をするように指導を受けました。

高血圧症の人に推奨される一日あたりの塩分摂取量はたったの6グラム。

この数値って、結構大変なんですよ。

私も、調理するときに塩やしょう油、味噌など塩分が高い調味料を使わないようにすれば良いと思っていたんです。

ところが、大好きな食べ物、かまぼこやさつま揚げなどの練り物には塩が入っていて、うどんにも塩が使われているんですよ。

さらに、魚の干物も塩分が入っていますし、どのくらいの量使われているのかわかりません。

人間が食べるほとんどの食べ物に塩が使われているので、食べる物が無くなってしまうではないですか!

これじゃ~ストレスでも血圧が上昇しちゃうよ!

一体、血圧の数値が高い人は、どんな食生活しているんだろう?

カテゴリー
スポーツ

白鵬が通算最多勝利数と優勝回数の記録を更新

あの体の線が細かった少年がまさかここまで勝ち星を積み重ねるとは・・・

先日、愛知県体育館で行われた大相撲名古屋場所で、

横綱白鵬が通算最多勝利数と優勝回数の記録を同時に更新しましたね。

名古屋場所終了時点で、横綱白鵬は1050勝まで通算最多勝利数を伸ばし、

優勝回数も自身の記録を更新する39回目まで伸ばしましたね。

入門当時の彼のことをよく知っているので、

こんな大記録を残せる力士に成長するなんて思いませんでした。

だって、宮城野部屋に入門した時の体重が、

わずか68キロしかない体の線が細い少年でしたからね。

しかも、来日当初は入門できる相撲部屋が見つからず、

一時はモンゴルに帰ろうとしていたみたいです。

そんな白鵬少年を宮城野親方が受け入れてくれたんですが、

もし、その時モンゴルに帰ってしまっていたら、

今の横綱白鵬や数々の大記録も存在していなかったことになります。

宮城野親方に受け入れてもらい、みっちり鍛えてもらったおかげで、

横綱になり、幸せな家庭も手に入れることもできたんです。

だから、日本の相撲界へ恩返ししたいという気持ちは強いはずです。

おそらく、年齢的にまだまだ現役を続けると思いますが、

いずれは親方になって若手を指導する立場になる日が来るでしょう。

噂では、年寄株を持つ親方になるために帰化申請して、

日本国籍を取得することを決めたと言われています。

引退するまで横綱白鵬の通算最多勝利数や優勝回数の記録は、

さらに更新されていくことが予想されます。

次の目標は、あと44勝で達成される幕内1000勝という記録の更新です。

普通に横綱白鵬が持っている力を出し切ることができれば、

どんなに遅くとも来年中には達成されると思います。

いつまで現役として活躍できるかわかりませんが、

通算最多勝利数も1100勝、1200勝ともっと伸ばしてほしいですね。