カテゴリー
スポーツ

高安が大関昇進後最初の名古屋場所初日を飾れず

今最も注目されている力士、田子ノ浦部屋の新大関・高安が、

大関昇進後最初の舞台となる大相撲名古屋場所で、

八角部屋の北勝富士に敗れて初日を白星で飾れなかったですね。

ひょっとしたら、大関昇進後の最初の場所ということで、

高安はプレッシャーを感じていたのかもしれません。

まあ、過去にも同じように大関や横綱に昇進した直後の場所で、

いきなり負けてしまうという力士はたくさんいましたから、

仕方ないと言えば仕方ないでしょうか。

それに、対戦相手の北勝富士も先場所二桁の10勝を挙げた

若手注目株の一人でもあるので、簡単な相手ではなかったと思います。

大関の高安は、負けられないというプレッシャーがありましたが、

24歳の北勝富士にとっては当たって砕けろの気持ちで、

思いっきりぶつかっていこうと挑んできたはずです。

実際、初日の取組は、そんな2人の両極端な気持ちが、

相撲内容に現れたような取組になりましたからね。

最初の立ち会いの時に、高安は得意の右からかち上げようとしましたが、

北勝富士はそれをかわすように低い姿勢で当たってきたんです。

その結果、高安の右かち上げは空振り状態になり、

立て続けに受けた喉輪で体を起こされて左を差されます。

ここで、もう勝負あったという感じでした。

最後の土俵際で苦し紛れに首投げをしようとしたけど、

そのまま北勝富士に押し倒しで敗れてしまったんです。

初対戦ということで、難しい面はあったかもしれませんが、

全く高安らしさが見られず、ほぼ完敗と言える相撲内容でした。

また、大関昇進後の最初の取組ということもあり、

少し体が硬くなっていた感じにも見えました。

残念ながら、初日を白星で飾ることはできなかったけど、

まだ1敗で優勝するチャンスは十分にあるので、

気持ちを切り替えて頑張ってもらいたいです。

でも、ここで気持ちを切り替えることができなければ、

このまま連敗してしまう危険もないとは言えません。

終わったことは気にしたってもうどうにもならないので、

2日目以降の取組に集中してほしいですね。

カテゴリー
その他

藤井聡太四段が佐々木勇気五段に敗れ30連勝ならず

ついに、公式戦29連勝の新記録を樹立した藤井聡太四段が、

竜王戦決勝トーナメント2回戦で佐々木勇気五段に敗れ、

残念ながら、30連勝とはなりませんでした。

まあ、このままずっと勝ち続けることがないことはわかっていたけど、

何となく区切りのいい大台の30連勝まで記録を伸ばしてほしかったです。

今日の藤井聡太四段は、序盤から佐々木勇気五段に押され気味で、

中盤から後半にかけても劣勢の状態は変わらなかったようです。

ある番組にこの2人の対局の解説でゲストに呼ばれていた加藤一二三九段も、

ここまで苦しい展開の藤井聡太四段は初めて見たとおっしゃっていました。

これまでも何度か藤井聡太四段の対局を見に行っていた佐々木勇気五段は、

相当な意気込みで今回の対局に臨んでいたに違いありません。

かなり鋭い目つきて対局を見つめていましたからね。

最近は、藤井聡太四段ばかり注目を集めていますが、

実は、佐々木勇気五段は、なかなかの実力の持ち主なんです。

過去に、羽生善治三冠や渡辺明竜王にも勝ったことがあるぐらいですから、

個人的には、藤井聡太四段は危ないかもしれないと予想していました。

案の定、常に佐々木勇気五段が優勢で対局が進み、

そのまま最後まで行ってしまいましたからね。

いろんなプロ棋士のお話を聞いていると、

佐々木勇気五段は、子供の頃から天才的なひらめきをしていたそうで、

ひらめきに関しては、今の藤井聡太四段以上とも言われています。

今後は、藤井聡太四段の連勝記録を止めた男として、

佐々木勇気五段も注目されるんじゃないかと思います。

顔も結構イケメンだから、女性ファンがたくさん増えそうですね。

藤井聡太四段が敗れて連勝記録が止まったのは残念ですが、

佐々木勇気五段も含め、若い世代のプロ棋士がもっと活躍することで、

ますます将棋界は盛り上がっていくんじゃないでしょうか。

もし、藤井聡太四段が、いつか佐々木勇気五段とまた対戦する機会があれば、

今よりもっと強くなって、佐々木勇気五段にリベンジしてもらいたいですね。