カテゴリー
スポーツ

日本女子アイスホッケー「スマイルジャパン」が平昌五輪の出場権獲得

平昌五輪に出場する日本代表第1号が早くも決定!

来年開催される平昌五輪の出場を決める女子アイスホッケーの最終予選で、

日本代表の「スマイルジャパン」が、平昌五輪の出場権獲得しました!

平昌五輪の日本代表としては、女子アイスホッケーが第1号だそうです。

アイスホッケーは、氷上の格闘技と言われるぐらい

とても激しい体のぶつかり合いがあるスポーツです。

男子のアイスホッケーの試合は、なんとなく見たことがあるんだけど、

女子のアイスホッケーも結構体を張って頑張っていますね。

特に、日本女子アイスホッケー「スマイルジャパン」の

今回の平昌五輪女子最終予選での活躍はすごかった。

確か前回大会も出場しているので今回も期待されていましたが、

期待以上のプレイで出場権を獲得してくれたんです。

初戦のオーストリア戦を6-1で快勝すると、

第2戦のフランス戦も4-1と危なげなく勝って2連勝。

そして、迎えたドイツとの最終戦。

これまでの2戦の戦いぶりなら大丈夫だとは思っていたけど、

何が起こるかわからないのが五輪の予選。

普段のリーグ戦とはプレッシャーのかかり方が違います。

日の丸を背負っての戦いとなるといつも通りのプレイをすることは、

そんなに簡単なことではありません。

ところが、日本女子アイスホッケーは違いました。

中でも、大活躍したのが日本女子アイスホッケー

「スマイルジャパン」の“こじはる”こと藤本那菜選手。

AKB48の“こじはる”こと小嶋陽菜さんに似ている美女アスリートは、

カワイらしい顔をして、ポジションはゴールテンダーなんです。

ゴールテンダーとは、サッカーでいうゴールキーパーのことです。

藤本那菜選手は、身長163センチとゴールテンダーとしては小柄だけど、

一昨年にスウェーデンで開催された世界選手権では、

日本初のベストゴールテンダーに選出された世界レベルの実力者。

彼女が守護神として日本のゴールを守ってくれていたからこそ、

日本が平昌五輪の出場を獲得できたと言っても過言ではありません。

文句なしの3戦全勝で五輪の切符を手に入れた「スマイルジャパン」。

本番でも結果を出して、素敵なスマイルを見れることを期待しています。

カテゴリー
スポーツ

大阪国際女子マラソンは重友梨佐が復活優勝!

かつての大阪の覇者が、同じ舞台で復活の走りを見せてくれました。

今年の夏に開催される世界選手権の代表を決める大阪国際女子マラソンは、

天満屋の重友梨佐選手が2012年以来2回目となる優勝!

まあ今大会出場している日本人選手の中では実績は1番でしたし、

力を出し切れば、いい走りができるんじゃないかと思っていました。

ただ、今年の大阪国際女子マラソンは、重友選手は主役扱いではなくて、

九電工の加藤岬選手や資生堂の竹中理沙選手が注目されていたんです。

逆にこれがプレッシャーにならなくて良かったのかもしれません。

レース序盤は、ペースが遅くてどうなるかと思いましたが、

これは、日本陸連が定めた予定通りのレース展開だったみたいです。

近年、日本人選手は、30キロ以降の後半に置いて行かれるケースが多く、

メダルどころか入賞すらできていないのが現状です。

この現状を何とかしようと日本陸連が定めたレース展開が、

前半ペースを抑えて、後半にスピードアップさせる流れなんです。

世界規模のレースでは、後半に一気にスピードアップする

レース展開が主流になってきているためだとか。

今日も中間点近くまでは、ペースメーカーがレースを引っ張って、

ほぼ予定通りのペースでレースは進んで行きました。

そんなレース展開で国内招待選手が先頭集団を作って走る中、

ひたひたと後方から迫ってきたのが重友選手だったんです。

この時、あれっ? 何だかいつもと違うなと思いました。

なぜなら、今回の大阪国際女子マラソンでの重友選手は、

これまでとは違う走り方に変えていたからなんです。

これまでの重友選手と言えば、序盤から先頭集団を引っ張って行き、

場合によっては、そのまま飛ばして最後まで行く走り方でした。

ところが、今日の走り方は、序盤は先頭集団から少し離された位置にいて、

後半にペースを上げていく走りをしていたんです。

前半抑えて余力十分だった重友選手は、35キロ過ぎに先頭を走っていた

堀江美里選手を捕らえて、並ぶ間もなく一気に突き放しました。

2人のスピードの差は誰が見ても明らかに違っていたので、

この時点で、勝負はついていた感じでしたね。

その後、重友選手は、堀江選手を大きく引き離してそのままゴール。

記録は、2時間24分21秒と目標としていた自己記録

2時間23分23秒に及ばなかったものの、見事な走りだったと思います。

今日の走りは、今までの先行型の重友選手の走り方とは違う

“ニュー重友”誕生といった感じでしたね。

代表決定は、今後の他の選考レースの結果にもよりますが、

夏の世界選手権の代表に選ばれるかもしれません。

復活した重友選手の走りをもう一度世界の舞台で見てみたいですね。

カテゴリー
健康生活

恐ろしい乳がんは早期発見が大切

ちょっとショックな出来事がありました。

親友が乳がん検査を受けたら、胸にシコリが見つかり細胞検査の結果、悪性と分かったのです。

たまたま早期発見だったので、部分切除で手術することになったのですが、本人は不安を隠せません。

それと言うのも先日「だいたひかる」さんが乳がんで苦しんでいるというテレビを見たからです。

だいたさんは、乳房の全摘出の手術を受けたのですが、その時に癌の転移が見つかりました。

乳がんは、少しでも転移があるとリンパ腺をとおって全身に癌細胞が散らばります。

そのため、どこに癌が再発するか分からないからです。

まさに小林麻央さんの乳がんがそれです。

体のあちこちに癌が転移するため抗がん剤治療が必要になります。

抗がん剤は進化しているので、副作用も少なくなったと言いますが、やはり正常な細胞まで

攻撃してしまうため、毛が抜けたり、吐き気を催したり、相当な負担があるようです。

友人も乳がんが転移していることを心配しているのです。

だからこそ乳がんは、早期発見して切除してしまうのが理想とされています。

同じ女性として、いつ自分にふりかかってくるのか分かりません。他人事じゃないんです。

みなさんも乳がん検診を定期的に受診してくださいね。

わたしも今年から乳がん検診を年1回受診することにしました。

わたしが病院を捜したのは ⇒ 乳がん検診おすすめ病院ナビです。

コチラのサイトを活用すれば、リーズナブルな乳がん検診の病院が簡単に見つかります。