カテゴリー
スポーツ

全国都道府県対抗女子駅伝は地元の京都が優勝

雪の降る厳しい悪条件の中、全選手よく最後まで走り抜きました。

今日1月15日、京都で行われた「全国都道府県対抗女子駅伝」は、

地元の京都チームが見事に優勝しましたね!

正直、今日の女子駅伝は中止になるんじゃないかと思っていたけど、

これぐらいの雪だと予定通り行われるんですね。

本当に大丈夫なんだろうか心配になりながらテレビ中継を見てみると、

もの凄く雪が降っているじゃありませんか。

画面からは、あまり選手の走る姿が見えないくらいです。

先頭を走る選手はまだある程度は見えるんだけど、

後方の選手なんて、もう雪で白くなってほとんど見えない状態。

おそらく、前方の選手との間隔も全然わからないだろうし、

一人で走っていたら大変だったと思います。

なんかこんな悪条件の中で走っている選手を見たら、

頑張れって応援せずにはいられませんでした。

本当に選手が気の毒でしたね。

だって、今日の全国都道府県対抗女子駅伝に調子を合わせて、

全選手が、一生懸命練習してきたはずですから。

実力を発揮できずに終わって選手もいることでしょう。

レースは、大雪警報が発表されていた中で京都市西京極競技場をスタート。

吹雪が吹き付ける中、終盤になって優勝争いを繰り広げたのが、

地元の京都チームと岡山チーム。

前を行く京都チームを後ろから岡山チームが追いかける展開。

岡山チームは、最終9区で先頭の京都チームを猛追するも、

そのまま京都チームが逃げ切りました。

その差は、わずか2秒差という大接戦。

今日のような大雪の悪条件の中、京都チームはよく頑張りました。

やっぱり、地元の観客の応援は凄く力になったと思います。

惜しくも負けてしまった2位の岡山チームにも大きな拍手を送りたいです。

最後の猛追は見事なものでした。

また、今日の全国都道府県対抗女子駅伝に参加した

全チームの全選手にお疲れ様と言いたいです。

来年は、快晴の駅伝日和で行われることを祈っています。

カテゴリー
スポーツ

箱根駅伝は青学が3年連続往路優勝!

やはり予想通り王者は強かったですね。

今年で93回目を迎えたお正月の風物詩、箱根駅伝は、

前年の覇者青山学院大学が、まず前半の往路を優勝しました。

これで、青学は一昨年、昨年に続いて3年連続往路を制覇。

このまま1位をキープして復路も優勝すれば、箱根駅伝3連覇と

その年の学生3大駅伝完全制覇という記録を達成します。

青学は2区を走ったエースの一色を中心に、

全ての区間の選手が平均以上の実力を持っているから、

大きく崩れることがないのが強み。

原監督は、3区秋山だけが不安だったと言っていましたが、

終わってみたら、青学は唯一その3区で区間賞を取ったのが嬉しい誤算。

エース一色が絶好調というわけではなかったから、

唯一の穴と思われていた3区で取り返したのは大きいですね。

最終的には、5区で2位の早稲田に33秒差まで詰め寄られたけど、

往路にも力のある選手がいるので、そのまま押し切って優勝するはずです。

さて、青学の箱根3連覇・3大駅伝完全制覇も注目だけど、

今大会の往路では、将来強豪になるかもしれない大学の躍進が見られました。

その大学が、2年ぶり2度目の出場となった創価大学です。

箱根駅伝では、あまり聞かない大学名ではありますが、

近年、少しずつ力をつけてきた新興勢力の一つ。

2年前に初めて予選会を突破して初出場を果たすものの、

総合成績は、20位の最下位に終わりました。

創価大学は、海外からの留学生のサポート体制が整っていて、

多くの優秀な外国人留学生を受け入れている大学です。

だから、以前から山梨学院や日本大学のように、

強い留学生を呼べばもっと上に行けるのにと思っていたんです。

今回、ようやく海外の留学生を呼んだことで、

箱根駅伝で十分に戦える戦力が整ってきました。

2年ぶりに予選3位で本線出場を果たすと、

2区の留学生ムイルが区間4位、4区のセルナルド・祐慈も

区間5位の快走をして勢いに乗りました。

往路の結果は、過去最高の9位と躍進し、

来年のシード権の獲得も十分にありえると思います。

明日のスタートは、まず1位の青学がスタートした後、

33秒後に2位早稲田がスタートして追いかける展開。

果たして、青学がそのまま逃げ切って総合優勝を飾るのか?

また、復路でも創価大学の躍進はあるのか?

明日の往路も楽しみになってきました。