カテゴリー
スポーツ

柴崎同点ゴールも鹿島が延長戦で力尽きレアルに敗れる

あぁー悔しい!十分に勝てるチャンスがあっただけに残念でなりません。

クラブワールドカップの決勝戦は、Jリーグ王者の鹿島アントラーズが、

銀河系軍団レアル・マドリード相手に善戦したものの4-0で負けました。

一時2-1でリードした時は、もしかして勝てるかもと期待したけど、

そう簡単には勝たせてはもらえなかったですね。

延長戦に入っても、レアルのプレーの質は落ちていなかったし、

最後までレアルの集中力の方が上だったと思います。

そんなスター揃いのレアルの中でも、一際輝いたプレーをしていたのが、

やはりクリスティアーノ・ロナウド選手でした。

まさか決勝でハットトリックを決めて世界一になるとは・・・

さすが今年の年間最優秀選手バロンドールを受賞しただけあります。

一方、後一歩のところで大金星を逃した鹿島だけど、

MFの柴崎選手の2ゴールは世界中を驚かせたんじゃないでしょうか。

勝ち越しの2点目を取った時は、レアルも相当あせったはず。

来年にも欧州移籍を目指しているという噂もあるから、

今大会での活躍は世界への良いアピールになりましたね。

日本代表にも再び呼ばれるかもしれません。

試合はお互い死力を尽くした素晴らしい試合でした。

今大会を通じで絶好調だったディフェンス陣も、

GKの曽ヶ端、DFの昌子や西など素晴らしいプレーだったと思います。

しかし、そんな良い試合に水を差したのが、主審の疑惑の判定です。

後半45分にカウンターでFW金崎が相手を背にボールを受けて、

そのまま反転してディフェンダーをかわそうとした時です。

レアルのDFセルヒオ・ラモスが堪らず手をかけてファウル。

どう見てもイエローカードが出てもおかしくなかったんだけど、

主審は一旦カードに手をかけただけでカードは無し。

イエローカードなら2枚目でレッドカードの退場になっていたんです。

レアルは10人になるから、試合の流れが鹿島に傾いていたかもしれません。

解説をしていた元日本代表監督の岡田武史さんも

「さすがにイエローカードでしょう!」と怒っていましたからね。

過去にスペインリーグで審判員だったアンドゥハル・オリバー氏も

「レッドカードで退場させるべきだった」とコメントしています。

主審も一旦カードに手をかけたのに出すのを止めたからいけなかった。

それで、余計に不可解な判定になっちゃったんです。

誤審と言わざるを得ない判定だったと思います。

レアルの選手にビビッたかのかどうかわかりませんが、

あそこは勇気を出してイエローカードを出してほしかった。

勝ったレアルは称えますが、なんか後味の悪い試合になりましたね。

カテゴリー
芸能

真田丸のラストは幸村が家康を狙い撃つ!

ついに毎週楽しみにしていた真田丸が終了しちゃいました。

いつかは必ず終わることはわかってはいたんだけど、

いざ最終回を迎えると、なんだか一気に寂しくなりますね。

最近の大河ドラマの中では、かなり良かったんじゃないでしょうか。

実際、時代劇なんてほとんど見たことがない方も、

真田丸に関しては、結構見ていたという話を聞きます。

真田幸村が主人公というのも評判が良かった要因だったと思います。

最終回は、窮地に立たされた豊臣軍と圧倒的優勢な家康軍が激突する

大阪夏の陣での最終局面が描かれていました。

戦況は豊臣軍が土俵際に追い込まれた状態だったのが、

毛利勝永の活躍で家康軍を次々に撃破して形勢逆転。

直後、幸村の軍が狙いを家康ただ一人に絞って家康本陣に突っ込む。

その時、真田と聞いてビビッた家康がゼエゼエ息を切らしながら

必死に逃げる姿にちょっぴり笑っちゃいました。

それだけ、真田のことを恐れていたんでしょうね。

これで、一気に豊臣軍が圧勝かと思われたんだけど、

なんと、ここで大野治長が致命的なミスを犯してしまうんです。

秀頼様の出陣を促すために大阪城に向かう際に、

誤って秀頼様の千生瓢箪の馬印を持ち帰ったことで、

豊臣軍の兵は秀頼様が退却したと勘違いして大混乱に。

流れが一気に家康軍に傾き、豊臣軍の敗戦がほぼ決定的になります。

そこで、幸村はただ一人家康本陣に向かいます。

家康を見つけた幸村は、馬上宿許筒で家康を狙い撃つも、

徳川秀忠の邪魔が入り万事休すに。

最後は、忍びの佐助に介錯を頼んで腹を切る・・・

これが、今回の大河ドラマでの幸村の最後でした。

この時、幸村に「いくつになった」と聞かれて、

初めて佐助の年齢が明かされたんだけど、

佐助っていつの間にか55歳にもなっていたんですね。

55歳の忍びって・・・ラストに思わず吹いちゃいました。

もし、千生瓢箪の馬印を戦場に残したままだったら・・・

もし、秀頼様がもっと早く出陣を決断していたら・・・

おそらく、豊臣軍が勝利していたはずです。

秀頼様は、最後の最後まで優柔不断な性格が足かせになってしまい、

その結果、豊臣家を滅法させることになってしまいましたね。

まあ、家康の方が一枚も二枚も上手だったこともあります。

幸村が茶々様に言った「望みを捨てなかった者にのみ道は開ける」

という言葉は、とても心に響きました。

何事も可能性がゼロでない限り、最後まで諦めてはいけないんだなと。

今日で真田丸は終了ですが、本当に最高に大河ドラマでした。

堺雅人をはじめとする全ての出演者さん、

並びに真田丸の制作に携わった全ての関係者さんに感謝します。

あぁ・・・ しばらく真田丸ロスに陥りそうだなぁ・・・

カテゴリー
スポーツ

サトノアレスが朝日杯を制して2歳王者に!

2週連続で怪物の娘が登場したけど、やはり牡馬の壁は厚かったか。

阪神競馬場で行われた第68回朝日杯フューチュリティステークスは、

6番人気のサトノアレスが制して2歳王者になりました!

先週の牝馬の2歳王者決定戦に出走したソウルスターリングに引き続き、

今週もフランケル産駒の牝馬ミスエルテが登場。

1番人気に推されて牡馬相手でも勝てるんじゃないかと思っていました。

しかし、牝馬が当レースを勝利したのは、実に36年以上も前と言うから、

いかに牝馬が牡馬相手に勝つのが難しいかがわかります。

レースは、ボンセルヴィーソがハナを切り、ミスエルテは中団につける。

ペースは、1000メートルの通過タイムが60.6秒とスローな流れに。

3~4コーナーでは、まだ逃げたボンセルヴィーソが先頭のままで、

後続が徐々にペースを上げて最後の直線に向く。

ミスエルテが先頭を捉えて突き抜けるかと思われたその時、

もの凄い末脚で大外からグングン伸びてきたのが、6番人気サトノアレス。

サトノアレスが、逃げるボンセルヴィーソを交わして先頭に立つと、

それを追うようにして、7番人気モンドキャノンが猛追を見せる。

ミスエルテは・・・ あれ? 思ったほど伸びて来ないじゃないか!

そんな伸びあぐねているミスエルテをよそに、

そのままサトノアレスが1着でゴール板を駆け抜けて朝日杯を制し、

半馬身差でモンドキャノンが2着、3着は逃げ粘ったボンセルヴィーソ。

1番人気のミスエルテが飛んで、3着に12番人気のボンセルヴィーソが

入ったから3連単2,200倍の高配当に跳ね上がっちゃいましたね。

怪物フランケル産駒の2週連続2歳G1制覇はなりませんでしたが、

今日朝日杯を制したサトノアレスを管理する藤沢調教師が快挙達成!

先週勝ったソウルスターリングも藤沢調教師が管理していて、

同一年度の牡馬・牝馬2歳G1共に制覇したのは史上初!

そう言えば、先週はサトノクラウンも香港ヴァーズを勝つなど、

久しぶりに、藤沢厩舎の馬が立て続けに活躍していますね。

藤沢調教師は、シンコウラブリイ、タイキブリザード、タイキシャトル、

バブルガムフェロー、シンボリクリスエス、ゼンノロブロイなど、

数々のG1タイトルを取った名馬を手掛けた名トレーナー。

近年は、以前ほど多くの活躍馬は輩出していないけど、

今週と先週の活躍で、名門藤沢厩舎が復活した感じがしますね!

サトノアレスは、今日の走りを見ていると距離が伸びても大丈夫そうだから、

来年の3歳クラシック3冠レースでも良い走りを見せてくれそうです。