カテゴリー
スポーツ

稲葉篤紀監督率いる侍ジャパン強化マッチ 日本対オーストラリア

東京五輪で復活する野球で金メダルを目指す我らが侍ジャパン。

新たに監督に就任した稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンが、

2018年最初に迎える強化マッチの対戦相手が強豪オーストラリア。

スタートして間もない侍ジャパンは、2017年11月に開催された

アジアプロ野球チャンピオンシップで韓国を撃破して優勝。

初の試合と大会となったその時の稲葉ジャパンは、

若手主体のチーム構成で挑んでの優勝だったので価値がありました。

しかし、今回3月3日・3月4日と2連戦するオーストラリア戦では、

日本プロ野球界を代表する各球団のスター選手が集結し、

稲葉篤紀監督になっては初めてのフル代表での戦いとなります。

おそらく、今回の侍ジャパンのクリーンアップは、

柳田悠岐、筒香嘉智、浅村栄斗あたりで固められるでしょう。

個人的には、秋山翔吾と外崎修汰の2人に注目しています。

2人とも走攻守全てにおいて優れた選手で、

2017年は、秋山翔吾がWBCで活躍すると、

外崎修汰もアジアプロ野球チャンピオンシップでMVPの活躍。

この2人が上位打線へのつなぎ役となってくると思います。

もちろん、打線だけでなく投手陣も充実しています。

WBCベストナインの千賀滉大をはじめ、則本昂大、

今永昇太、東浜巨、濱口遥大、田口麗斗、山﨑康晃など、

各球団のエース級の先発投手や絶対的守護神が集結。

何だかパッとメンバーを見ているだけでワクワクしてきますよね。

対するアジアのライバル・オーストラリアは、

アテネ五輪の準決勝で日本を破ったある意味因縁の相手で、

オーストラリアは決勝で破れるも銀メダルを獲得した強豪。

ただ、いくら近年レベルが上がってきたオーストラリアとは言え、

侍ジャパンが2020年の東京五輪で金メダルを目指すのならば、

できれば、2戦とも勝っておきたいところです。

稲葉篤紀監督が、初めてフル代表のメンバーを率いて

どのような采配をするかお手並み拝見といきましょうか。

カテゴリー
スポーツ

ヤンキースが崖っぷちから3連勝の大逆転で地区シリーズ突破

チームの窮地を救ったのは、やはりこの男でしたね。

アメリカのメジャーリーグで行われたア・リーグ地区シリーズで、

ヤンキースが、崖っぷちから3連勝して大逆転で地区シリーズを突破し、

リーグ優勝決定シリーズに駒を進めました。

正直言って、対戦成績が0勝2敗になった時には、

もうインディアンスが、そのまま3連勝しちゃうかと思っていました。

今年、102勝と圧倒的な強さで地区シリーズに進出したインディアンスは、

昨年も、ア・リーグ王者としてワールドシリーズに進出。

どう考えても、勢いはインディアンスにあるように見えましたが、

田中将大だけは、そんな相手の勢いも全く関係なかったみたいです。

田中将大は、0勝2敗と追い込まれた重要な第3戦を託され、

負ければ敗退というプレッシャーがかかる中で、

この日は、1回から素晴らしいピッチングを見せてくれました。

中でも、得意のスプリットのキレが抜群に良くて、

相手バッターは、田中将大の鋭く落ちるスプリットに

全くバットが当たらず、お手上げ状態になっていたんです。

そして、途中味方の素晴らしい好守にも助けられましたが、

見事にインディアンス打線を7回3安打無失点に抑え、

チームの敗退の危機を救ったというわけです。

崖っぷちからの3連勝で、昨年のア・リーグ王者を破ったヤンキースは、

このまま勢いに乗って、アストロズも倒すことができるのでしょうか。

予定では、田中将大が、第1戦に先発するそうです。

田中将大にとって、アストロズは、あまり相性が良くありません。

今年の5月に対戦した時は、ホームラン4発を含む7安打を打たれ8失点し、

たった1回2/3でノックアウトされた苦い思い出があります。

ただ、その時は、まだ田中将大の調子は良くなかったので、

絶好調にまで復調してきた今なら十分に抑えられるはずです。

地区シリーズ第3戦のように、第1戦を田中将大がビシっと抑えれば、

ヤンキースを勢いづけることができると思います。

何とか勝ってワールドシリーズに進出してもらいたいですね。

カテゴリー
スポーツ

来年春の選抜大会からタイブレーク制が導入される

高校球児たちの健康を考慮して来年春の選抜大会から

タイブレーク制が導入されることがどうやら決定したようです。

今回の決定には、賛否両論あるみたいですが、

高校球児の体のことを考えたら仕方がないのかもしれません。

プロ野球とは違い、高校野球はエースが1人で投げ抜くケースが多く、

1回戦から登場すれば、6試合を1人で投げることもざらです。

そうなると、600~700球ぐらいは投げないといけません。

再試合となればさらに100球以上の球数が増えてしまいます。

過去には、最後まで全試合1人で投げ抜いたことで、

肩や肘を壊して選手生命を絶たれた高校球児をたくさん見てきました。

だから、来年春の選抜大会からのタイブレーク制導入には、

個人的には、賛成と言うか一度試してみても良いと思っています。

ただ、これまでの死闘と呼ばれるような名勝負が減る可能性もあります。

有名な死闘と言えば、1979年、箕島対星稜の延長18回、

1998年、怪物・松坂大輔率いる横浜対PL学園の延長17回などです。

引き分け再試合制度が18回から15回になった2000年以降では、

2006年、駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦がありましたね。

田中将大と斎藤佑樹が投げ合ったこの試合は、

延長15回決勝引き分け再試合となった死闘になりました。

来年春の選抜大会からタイブレーク制が導入されるので、

このような歴史に残る名勝負はもう見られなくなるのは残念です。

また、こういう激闘を経験することで、精神力や忍耐力が鍛えられて、

万が一、プロ野球選手になれなかったとしても、

今後の長い人生において役に経つと思います。

来年春の選抜大会からのタイブレーク制導入によって、

メリットとデメリットがあるだろうと言われています。

それでも、一度試してみる価値はあると私は考えています。

一度導入して意味がなければ元に戻せば良いだけのこと。

どんな高校野球に生まれ変わるかちょっと見てみていですね。

カテゴリー
スポーツ

鳥谷敬が2000本安打を達成!阪神の生え抜きでは2人目!

阪神一筋14年の鳥谷敬が、2000本安打という大偉業を成し遂げました!

どうやら、阪神の生え抜きでは、藤田平以来2人目の快挙みたいですね。

2004年に、鳥谷敬が、常勝軍団であった早稲田から阪神に入団した時は、

まさか2000本安打を達成するなんて考えもしなかったです。

大学在籍時は、ベストナインや首位打者を獲得しただけでなく、

2年生の時には、三冠王にも輝く素晴らしい成績を残しましたが、

それほど、突出したものが見当たらなかったというのが正直なところ。

飛び抜けた才能というか、爆発力というものをあまり感じなかったのです。

どちらかと言うと、すでにプロの速球に対応できる打撃技術があった

同期でヤクルトに入団した青木宣親の方を注目していました。

ただ、突出した能力はないものの、平均して能力が高かったため、

打撃や守備、走塁などの全てのプレイを難なくこなしていました。

おそらく、生まれながらにして野球のセンスは持っていたんでしょう。

それと、鳥谷敬には、他の選手にはない素晴らしい才能がありました。

それは、どんな苦境に直面してもくじけない強い精神力です。

記憶に新しいのが、今年5月に顔に受けた死球ではないでしょうか。

ボールが顔にあたって鼻の骨を骨折したにもかかわらず、

フェイスガードを装着して次の日の試合に強行出場。

連続試合出場という記録もかかっていたということもありますが、

彼の精神力の強さに本当に驚かされました。

このような強い精神力が鳥谷敬の2000本安打達成の

大きな原動力になったことは間違いありません。!

休むことなくここまで試合に出場してきたからこそ、

たくさんのヒットを積み重ねることができ、

鳥谷敬が、2000本安打を達成できたんだと考えています。

ここまできたら、2500本安打を目指してほしいです。

体もまだまだ若々しいし、40歳を超えても十分にやれるはず。

若手の台頭もありますが、負けずに頑張ってもらいたいですね。

カテゴリー
スポーツ

松山英樹が全米プロゴルフ選手権で後半失速し悔しい5位

あと一歩のところでメジャー初制覇の夢が潰えてしまいましたね。

先日、松山英樹は、全米プロゴルフ選手権に挑みましたが、

8アンダーで優勝したジャスティン・トーマスとは、

3打差の通算5アンダーで惜しくも5位に終わりました。

最終日に10番ホールでバーディーを取って単独首位に立った時には、

いよいよ松山英樹が全米プロゴルフ選手権を優勝して、

初めてメジャータイトルを奪取するのかとワクワクしていました。

ところが、11番ホールから、12番、13番と連続ボーギーを叩き、

一気にメジャー制覇の夢が遠のいていってしまったんです。

今回の優勝でメジャー初制覇を成し遂げたジャスティン・トーマスと、

またしてもメジャータイトルに手が届かなかった松山英樹とでは、

どこで明暗が分かれた最終日を少し振り返ってみました。

すると、優勝したジャスティン・トーマスは、

ここぞという局面で強気に攻めのゴルフしていましたし、

パットの技術も松山英樹を上回っていた感じがしたんです。

一方、松山英樹は、11番でセカンドショットをミスして、

3打目以降でもリカバリーできずにそのままボギーとなり、

そのままズルズルと後退してしまいました。

16番ホールでも、池を恐れて松山英樹は守りに入りましたが、

ジャスティン・トーマスは、池を恐れずに攻めたことで、

2打目をピンまで4メートルの位置につけてバーディーを奪いました。

池を嫌って逃げた松山英樹は、パーをセーブするのが精一杯。

この攻めで奪った17番のバーディーで、

ジャスティン・トーマスの優勝は決まりましたね。

やはり、メジャータイトルを勝ち取るためには、

強い精神力で攻めのゴルフ続けることが大事だと思います。

あと、以前は弱点でもあった苦手のパットを

松山英樹は、練習によって克服しつつあります。

ただ、パットが得意なジャスティン・トーマスと比べると、

まだまだ大きな差があるように見えました。

パットの技術がもう一段階レベルアップできれば、

メジャー初制覇もかなり現実味を帯びてくるでしょう。

それにしても、やっぱり11番からの3連続ボギーは悔いが残りますね。

せめて3ホールともパーをセーブできていたら、

そのまま波に乗って松山英樹が優勝していたんじゃないでしょうか。

カテゴリー
スポーツ

白鵬が通算最多勝利数と優勝回数の記録を更新

あの体の線が細かった少年がまさかここまで勝ち星を積み重ねるとは・・・

先日、愛知県体育館で行われた大相撲名古屋場所で、

横綱白鵬が通算最多勝利数と優勝回数の記録を同時に更新しましたね。

名古屋場所終了時点で、横綱白鵬は1050勝まで通算最多勝利数を伸ばし、

優勝回数も自身の記録を更新する39回目まで伸ばしましたね。

入門当時の彼のことをよく知っているので、

こんな大記録を残せる力士に成長するなんて思いませんでした。

だって、宮城野部屋に入門した時の体重が、

わずか68キロしかない体の線が細い少年でしたからね。

しかも、来日当初は入門できる相撲部屋が見つからず、

一時はモンゴルに帰ろうとしていたみたいです。

そんな白鵬少年を宮城野親方が受け入れてくれたんですが、

もし、その時モンゴルに帰ってしまっていたら、

今の横綱白鵬や数々の大記録も存在していなかったことになります。

宮城野親方に受け入れてもらい、みっちり鍛えてもらったおかげで、

横綱になり、幸せな家庭も手に入れることもできたんです。

だから、日本の相撲界へ恩返ししたいという気持ちは強いはずです。

おそらく、年齢的にまだまだ現役を続けると思いますが、

いずれは親方になって若手を指導する立場になる日が来るでしょう。

噂では、年寄株を持つ親方になるために帰化申請して、

日本国籍を取得することを決めたと言われています。

引退するまで横綱白鵬の通算最多勝利数や優勝回数の記録は、

さらに更新されていくことが予想されます。

次の目標は、あと44勝で達成される幕内1000勝という記録の更新です。

普通に横綱白鵬が持っている力を出し切ることができれば、

どんなに遅くとも来年中には達成されると思います。

いつまで現役として活躍できるかわかりませんが、

通算最多勝利数も1100勝、1200勝ともっと伸ばしてほしいですね。

カテゴリー
スポーツ

高安が大関昇進後最初の名古屋場所初日を飾れず

今最も注目されている力士、田子ノ浦部屋の新大関・高安が、

大関昇進後最初の舞台となる大相撲名古屋場所で、

八角部屋の北勝富士に敗れて初日を白星で飾れなかったですね。

ひょっとしたら、大関昇進後の最初の場所ということで、

高安はプレッシャーを感じていたのかもしれません。

まあ、過去にも同じように大関や横綱に昇進した直後の場所で、

いきなり負けてしまうという力士はたくさんいましたから、

仕方ないと言えば仕方ないでしょうか。

それに、対戦相手の北勝富士も先場所二桁の10勝を挙げた

若手注目株の一人でもあるので、簡単な相手ではなかったと思います。

大関の高安は、負けられないというプレッシャーがありましたが、

24歳の北勝富士にとっては当たって砕けろの気持ちで、

思いっきりぶつかっていこうと挑んできたはずです。

実際、初日の取組は、そんな2人の両極端な気持ちが、

相撲内容に現れたような取組になりましたからね。

最初の立ち会いの時に、高安は得意の右からかち上げようとしましたが、

北勝富士はそれをかわすように低い姿勢で当たってきたんです。

その結果、高安の右かち上げは空振り状態になり、

立て続けに受けた喉輪で体を起こされて左を差されます。

ここで、もう勝負あったという感じでした。

最後の土俵際で苦し紛れに首投げをしようとしたけど、

そのまま北勝富士に押し倒しで敗れてしまったんです。

初対戦ということで、難しい面はあったかもしれませんが、

全く高安らしさが見られず、ほぼ完敗と言える相撲内容でした。

また、大関昇進後の最初の取組ということもあり、

少し体が硬くなっていた感じにも見えました。

残念ながら、初日を白星で飾ることはできなかったけど、

まだ1敗で優勝するチャンスは十分にあるので、

気持ちを切り替えて頑張ってもらいたいです。

でも、ここで気持ちを切り替えることができなければ、

このまま連敗してしまう危険もないとは言えません。

終わったことは気にしたってもうどうにもならないので、

2日目以降の取組に集中してほしいですね。

カテゴリー
スポーツ

ヒョードルがミトリオンにまさかの74秒KO負け

まさかの結末に、世界中の格闘技ファンが驚いたんじゃないでしょうか。

先日、アメリカのニューヨークで開催されたベラトールNY大会で、

エメリヤーエンコ・ヒョードルが、マット・ミトリオンと対戦して、

74秒KO負けという誰もが予想しないまさかの結末に終わりました。

私個人の意見としては、ヒョードルが勝つと予想していましたが、

こんなにも呆気ない結末になるなんて全く思わなかったです。

だって、全盛期の時には、10年間ずっと負け無しでしたからね。

日本で行われていたPRIDEでも圧倒的な強さで、

一気にヘビー級王者まで駆け上がったあの衝撃は、

今でもついこの間のようにはっきりと覚えています。

特に、ヒョードルのパンチ力は破壊力抜群で、

相手を病院送りにさせることもあるぐらいなんです。

そんな誰もが強さを認めるヒョードルが負けてしまうとは・・・

勝ったマット・ミトリオンは、過去にNFL選手という経歴を持ち、

ベラトールに参戦して約1年になる元UFCファイター。

試合のゴングが鳴る前は、どんな試合になるかワクワクでしたが、

予想を反して、わずか1ラウンドで勝負の結末が訪れます。

1ラウンド1分14秒に、ヒョードルとミトリオンがお互いに

右ストレートを繰り出して、それがカウンターとなって相打ちに。

すると、そのままダブルノックダウンで同時に2人共崩れ落ちたんです。

しかし、ダメージが少なかったのかミトリオンが先に立ち上がり、

そのままパンチの連打を浴びせてヒョードルは失神。

あのヒョードルが、失神KOという形で負けるなんて信じられません。

ましてやたった74秒でKO負けしたから言葉が出ませんでした。

ヒョードルを失神KOしたことで、一躍有名になったミトリオンですが、

今後は、現UFCヘビー級王者スティーペ・ミオシッチに

挑戦する意思があることを表明しました。

それにしても、ヒョードルの精神状態が心配ですね。

本人もまさかこんな結末になるとは思ってなかったはずです。

まあ、ヒョードルのことだからすぐに立ち直って、

次戦でまた彼らしい強さを見せてくれるでしょう。

カテゴリー
スポーツ

千葉ロッテの井口資仁選手が今季限りでの現役引退を発表

ついに、千葉ロッテの井口資仁選手が今季限りでの現役引退を発表しました。

ここ2年の成績は、良い頃と比べると少し落ちてきましたが、

まだまだ十分に活躍できそうな感じがするだけに

井口資仁選手の現役引退は本当に残念でなりません。

おそらく、今後は後進の育成に携わっていくのではないでしょうか。

井口資仁選手は、青学時代にアトランタ五輪に出場して銀メダルを獲得し、

大学通算24本塁打は、東都大学リーグ記録として今も破られていません。

1996年のドラフトで逆指名で福岡ダイエーホークスに入団すると、

2001年は、30本塁打・44盗塁、2003年は、打率.340を記録。

さらに、ゴールデングラブ賞・ベストナイン共に3回ずつ受賞するなど、

走攻守3拍子揃った内野手として福岡ダイエーホークス黄金期を支えました。

その後、アメリカのメジャーリーグに挑戦することになったんですが、

メジャーリーグで活躍できた数少ない日本人野手でもありました。

なぜ、井口資仁選手はメジャーで通用したのかというと、

それは、彼が追求し続けた引き付けて打つバッティング技術にあります。

引き付けて打つことで打つポイントが後ろの方になります。

そうすると、長くボールを見ることができるので、

ボールの見極めやバットにとらえる確率を高めることができるのです。

メジャーリーグでは、ツーシームやカットボールなどの

打者の手元付近で曲がる変化球を投げる投手が多く存在します。

一方、日本のプロ野球では、まだそれほどツーシームや

カットボールといった変化球を投げる投手は少ないです。

そのため、日本人野手がメジャーリーグに挑戦した時に、

ほとんどの選手が、これらの手元で曲がる変化球に苦戦します。

数少ない成功した野手の1人であるあの松井秀喜選手も、

一時は、これらの変化球が打てずにスランプになったことがあります。

その点、井口資仁選手はメジャーに挑戦する前から

この引き付けて打つバッティング技術を磨いていたため、

1年目から活躍することができたんだと思います。

加えて、フィジカル面の強化も重視してトレーニングしたことで、

屈強な猛者たちが多く集まるメジャーリーグでも

力負けすることなくプレイすることができたんじゃないでしょうか。

メジャーリーグから日本の千葉ロッテに復帰してからも

全盛期に近い活躍を続けてくれてはいましたが、

残念ながら、井口資仁選手は今季限りで現役引退することになりました。

現役選手として彼のプレイを見れなくなるのは残念ですが、

必ず近いうちにまたコーチとして帰ってきたくれると思います。

そして、行く行くは監督として指揮を執る日もくるでしょう。

いつになるかわかりませんが、再び彼のユニフォーム姿が

見れる日がくるのを今から楽しみに待ちたいです。

カテゴリー
スポーツ

安藤友香が名古屋ウィメンズマラソンで初マラソン日本最高を記録

日本女子マラソン界待望の世界レベルのランナーが登場しましたね!

2017年の世界選手権代表選考を兼ねた名古屋ウィメンズマラソンで、

安藤友香選手が、2時間21分36秒の初マラソン日本最高タイムを記録。

この記録は、日本記録保持者の野口みずきさん、歴代2位の渋井陽子さん、

歴代3位の高橋尚子さんに次ぐ日本歴代4位の記録になります。

個人的には、今回の名古屋ウィメンズマラソンは、

それほど期待してはいなかったんです。

ところが、いざ蓋を開けてみたら、初マラソンの安藤友香選手が、

2時間22分30秒の派遣設定記録を大きく上回る快走。

まさか今世界の女子マラソンで一番強いんじゃないかと噂されている

リオ五輪銀メダリストのキルワ選手とわずか19秒差とは・・・

まあ、序盤で優勝候補のキルワ選手が転倒するなど、

今日のレースは何かあるなと感じではいたんです。

ただ、ここまで素晴らしい走りで好タイムを叩き出すとは、

全く予想をしていなかったので驚いています。

では、安藤友香選手の何がスゴイのか。

それは、独特の走るフォームにあります。

あの腕を下にぶらりと下げてあまり腕を振らないフォーム。

「忍者走り」と呼ばれている彼女の走り方は、

腕の振りが小さく、上下動も少なくて無駄がないため、

体の軸がほとんどブレず、効率の良い省エネ走法なんです。

また、足にも負担がかかりにくいのもメリットですね。

この安藤友香選手の「忍者走り」、どこかで見たことあるなと思ったら、

昔、馬軍団と呼ばれた中国の陸上選手も同じようなフォームでしたね。

馬軍団の効率の良い走りを参考にしたんでしょうか。

とにかく、今までの日本人選手より、アフリカ勢についていけるだけの

スピードとスタミナを持っていることは間違いないです。

キルワ選手も将来が楽しみな選手と賞賛していましたからね。

これで、間違いなく今年の夏に開催される世界選手権の

日本女子マラソン代表に選ばれるでしょう。

彼女の目標は、2020年の東京五輪での金メダルだと公言しています。

まだ22歳と若く、トレーニングや経験を積んでいけば、

もっとタイムを縮めることができると思います。

おろらく、東京五輪までに日本記録を破るはずです。

今後、安藤友香選手が、どれだけ成長するかはわかりませんが、

日本女子マラソン界の救世主になってくれるのは間違いなさそうです。