ガッツだせ!

何をするにも根性は必要だ。人間は追い込まれた時こそ真価を問われる。そうだ今こそガッツ出せ!

ヒョードルがミトリオンにまさかの74秒KO負け

まさかの結末に、世界中の格闘技ファンが驚いたんじゃないでしょうか。

先日、アメリカのニューヨークで開催されたベラトールNY大会で、

エメリヤーエンコ・ヒョードルが、マット・ミトリオンと対戦して、

74秒KO負けという誰もが予想しないまさかの結末に終わりました。

私個人の意見としては、ヒョードルが勝つと予想していましたが、

こんなにも呆気ない結末になるなんて全く思わなかったです。

だって、全盛期の時には、10年間ずっと負け無しでしたからね。

日本で行われていたPRIDEでも圧倒的な強さで、

一気にヘビー級王者まで駆け上がったあの衝撃は、

今でもついこの間のようにはっきりと覚えています。

特に、ヒョードルのパンチ力は破壊力抜群で、

相手を病院送りにさせることもあるぐらいなんです。

そんな誰もが強さを認めるヒョードルが負けてしまうとは・・・

勝ったマット・ミトリオンは、過去にNFL選手という経歴を持ち、

ベラトールに参戦して約1年になる元UFCファイター。

試合のゴングが鳴る前は、どんな試合になるかワクワクでしたが、

予想を反して、わずか1ラウンドで勝負の結末が訪れます。

1ラウンド1分14秒に、ヒョードルとミトリオンがお互いに

右ストレートを繰り出して、それがカウンターとなって相打ちに。

すると、そのままダブルノックダウンで同時に2人共崩れ落ちたんです。

しかし、ダメージが少なかったのかミトリオンが先に立ち上がり、

そのままパンチの連打を浴びせてヒョードルは失神。

あのヒョードルが、失神KOという形で負けるなんて信じられません。

ましてやたった74秒でKO負けしたから言葉が出ませんでした。

ヒョードルを失神KOしたことで、一躍有名になったミトリオンですが、

今後は、現UFCヘビー級王者スティーペ・ミオシッチに

挑戦する意思があることを表明しました。

それにしても、ヒョードルの精神状態が心配ですね。

本人もまさかこんな結末になるとは思ってなかったはずです。

まあ、ヒョードルのことだからすぐに立ち直って、

次戦でまた彼らしい強さを見せてくれるでしょう。

コメントは受け付けていません。