ガッツだせ!

何をするにも根性は必要だ。人間は追い込まれた時こそ真価を問われる。そうだ今こそガッツ出せ!

箱根駅伝は青学が3年連続往路優勝!

やはり予想通り王者は強かったですね。

今年で93回目を迎えたお正月の風物詩、箱根駅伝は、

前年の覇者青山学院大学が、まず前半の往路を優勝しました。

これで、青学は一昨年、昨年に続いて3年連続往路を制覇。

このまま1位をキープして復路も優勝すれば、箱根駅伝3連覇と

その年の学生3大駅伝完全制覇という記録を達成します。

青学は2区を走ったエースの一色を中心に、

全ての区間の選手が平均以上の実力を持っているから、

大きく崩れることがないのが強み。

原監督は、3区秋山だけが不安だったと言っていましたが、

終わってみたら、青学は唯一その3区で区間賞を取ったのが嬉しい誤算。

エース一色が絶好調というわけではなかったから、

唯一の穴と思われていた3区で取り返したのは大きいですね。

最終的には、5区で2位の早稲田に33秒差まで詰め寄られたけど、

往路にも力のある選手がいるので、そのまま押し切って優勝するはずです。

さて、青学の箱根3連覇・3大駅伝完全制覇も注目だけど、

今大会の往路では、将来強豪になるかもしれない大学の躍進が見られました。

その大学が、2年ぶり2度目の出場となった創価大学です。

箱根駅伝では、あまり聞かない大学名ではありますが、

近年、少しずつ力をつけてきた新興勢力の一つ。

2年前に初めて予選会を突破して初出場を果たすものの、

総合成績は、20位の最下位に終わりました。

創価大学は、海外からの留学生のサポート体制が整っていて、

多くの優秀な外国人留学生を受け入れている大学です。

だから、以前から山梨学院や日本大学のように、

強い留学生を呼べばもっと上に行けるのにと思っていたんです。

今回、ようやく海外の留学生を呼んだことで、

箱根駅伝で十分に戦える戦力が整ってきました。

2年ぶりに予選3位で本線出場を果たすと、

2区の留学生ムイルが区間4位、4区のセルナルド・祐慈も

区間5位の快走をして勢いに乗りました。

往路の結果は、過去最高の9位と躍進し、

来年のシード権の獲得も十分にありえると思います。

明日のスタートは、まず1位の青学がスタートした後、

33秒後に2位早稲田がスタートして追いかける展開。

果たして、青学がそのまま逃げ切って総合優勝を飾るのか?

また、復路でも創価大学の躍進はあるのか?

明日の往路も楽しみになってきました。

コメントは受け付けていません。