ガッツだせ!

何をするにも根性は必要だ。人間は追い込まれた時こそ真価を問われる。そうだ今こそガッツ出せ!

柴崎同点ゴールも鹿島が延長戦で力尽きレアルに敗れる

あぁー悔しい!十分に勝てるチャンスがあっただけに残念でなりません。

クラブワールドカップの決勝戦は、Jリーグ王者の鹿島アントラーズが、

銀河系軍団レアル・マドリード相手に善戦したものの4-0で負けました。

一時2-1でリードした時は、もしかして勝てるかもと期待したけど、

そう簡単には勝たせてはもらえなかったですね。

延長戦に入っても、レアルのプレーの質は落ちていなかったし、

最後までレアルの集中力の方が上だったと思います。

そんなスター揃いのレアルの中でも、一際輝いたプレーをしていたのが、

やはりクリスティアーノ・ロナウド選手でした。

まさか決勝でハットトリックを決めて世界一になるとは・・・

さすが今年の年間最優秀選手バロンドールを受賞しただけあります。

一方、後一歩のところで大金星を逃した鹿島だけど、

MFの柴崎選手の2ゴールは世界中を驚かせたんじゃないでしょうか。

勝ち越しの2点目を取った時は、レアルも相当あせったはず。

来年にも欧州移籍を目指しているという噂もあるから、

今大会での活躍は世界への良いアピールになりましたね。

日本代表にも再び呼ばれるかもしれません。

試合はお互い死力を尽くした素晴らしい試合でした。

今大会を通じで絶好調だったディフェンス陣も、

GKの曽ヶ端、DFの昌子や西など素晴らしいプレーだったと思います。

しかし、そんな良い試合に水を差したのが、主審の疑惑の判定です。

後半45分にカウンターでFW金崎が相手を背にボールを受けて、

そのまま反転してディフェンダーをかわそうとした時です。

レアルのDFセルヒオ・ラモスが堪らず手をかけてファウル。

どう見てもイエローカードが出てもおかしくなかったんだけど、

主審は一旦カードに手をかけただけでカードは無し。

イエローカードなら2枚目でレッドカードの退場になっていたんです。

レアルは10人になるから、試合の流れが鹿島に傾いていたかもしれません。

解説をしていた元日本代表監督の岡田武史さんも

「さすがにイエローカードでしょう!」と怒っていましたからね。

過去にスペインリーグで審判員だったアンドゥハル・オリバー氏も

「レッドカードで退場させるべきだった」とコメントしています。

主審も一旦カードに手をかけたのに出すのを止めたからいけなかった。

それで、余計に不可解な判定になっちゃったんです。

誤審と言わざるを得ない判定だったと思います。

レアルの選手にビビッたかのかどうかわかりませんが、

あそこは勇気を出してイエローカードを出してほしかった。

勝ったレアルは称えますが、なんか後味の悪い試合になりましたね。

コメントは受け付けていません。