ガッツだせ!

何をするにも根性は必要だ。人間は追い込まれた時こそ真価を問われる。そうだ今こそガッツ出せ!

稲葉篤紀監督率いる侍ジャパン強化マッチ 日本対オーストラリア

東京五輪で復活する野球で金メダルを目指す我らが侍ジャパン。

新たに監督に就任した稲葉篤紀監督率いる侍ジャパンが、

2018年最初に迎える強化マッチの対戦相手が強豪オーストラリア。

スタートして間もない侍ジャパンは、2017年11月に開催された

アジアプロ野球チャンピオンシップで韓国を撃破して優勝。

初の試合と大会となったその時の稲葉ジャパンは、

若手主体のチーム構成で挑んでの優勝だったので価値がありました。

しかし、今回3月3日・3月4日と2連戦するオーストラリア戦では、

日本プロ野球界を代表する各球団のスター選手が集結し、

稲葉篤紀監督になっては初めてのフル代表での戦いとなります。

おそらく、今回の侍ジャパンのクリーンアップは、

柳田悠岐、筒香嘉智、浅村栄斗あたりで固められるでしょう。

個人的には、秋山翔吾と外崎修汰の2人に注目しています。

2人とも走攻守全てにおいて優れた選手で、

2017年は、秋山翔吾がWBCで活躍すると、

外崎修汰もアジアプロ野球チャンピオンシップでMVPの活躍。

この2人が上位打線へのつなぎ役となってくると思います。

もちろん、打線だけでなく投手陣も充実しています。

WBCベストナインの千賀滉大をはじめ、則本昂大、

今永昇太、東浜巨、濱口遥大、田口麗斗、山﨑康晃など、

各球団のエース級の先発投手や絶対的守護神が集結。

何だかパッとメンバーを見ているだけでワクワクしてきますよね。

対するアジアのライバル・オーストラリアは、

アテネ五輪の準決勝で日本を破ったある意味因縁の相手で、

オーストラリアは決勝で破れるも銀メダルを獲得した強豪。

ただ、いくら近年レベルが上がってきたオーストラリアとは言え、

侍ジャパンが2020年の東京五輪で金メダルを目指すのならば、

できれば、2戦とも勝っておきたいところです。

稲葉篤紀監督が、初めてフル代表のメンバーを率いて

どのような采配をするかお手並み拝見といきましょうか。

コメントは受け付けていません。