ガッツだせ!

何をするにも根性は必要だ。人間は追い込まれた時こそ真価を問われる。そうだ今こそガッツ出せ!

ヤンキースが崖っぷちから3連勝の大逆転で地区シリーズ突破

チームの窮地を救ったのは、やはりこの男でしたね。

アメリカのメジャーリーグで行われたア・リーグ地区シリーズで、

ヤンキースが、崖っぷちから3連勝して大逆転で地区シリーズを突破し、

リーグ優勝決定シリーズに駒を進めました。

正直言って、対戦成績が0勝2敗になった時には、

もうインディアンスが、そのまま3連勝しちゃうかと思っていました。

今年、102勝と圧倒的な強さで地区シリーズに進出したインディアンスは、

昨年も、ア・リーグ王者としてワールドシリーズに進出。

どう考えても、勢いはインディアンスにあるように見えましたが、

田中将大だけは、そんな相手の勢いも全く関係なかったみたいです。

田中将大は、0勝2敗と追い込まれた重要な第3戦を託され、

負ければ敗退というプレッシャーがかかる中で、

この日は、1回から素晴らしいピッチングを見せてくれました。

中でも、得意のスプリットのキレが抜群に良くて、

相手バッターは、田中将大の鋭く落ちるスプリットに

全くバットが当たらず、お手上げ状態になっていたんです。

そして、途中味方の素晴らしい好守にも助けられましたが、

見事にインディアンス打線を7回3安打無失点に抑え、

チームの敗退の危機を救ったというわけです。

崖っぷちからの3連勝で、昨年のア・リーグ王者を破ったヤンキースは、

このまま勢いに乗って、アストロズも倒すことができるのでしょうか。

予定では、田中将大が、第1戦に先発するそうです。

田中将大にとって、アストロズは、あまり相性が良くありません。

今年の5月に対戦した時は、ホームラン4発を含む7安打を打たれ8失点し、

たった1回2/3でノックアウトされた苦い思い出があります。

ただ、その時は、まだ田中将大の調子は良くなかったので、

絶好調にまで復調してきた今なら十分に抑えられるはずです。

地区シリーズ第3戦のように、第1戦を田中将大がビシっと抑えれば、

ヤンキースを勢いづけることができると思います。

何とか勝ってワールドシリーズに進出してもらいたいですね。

コメントは受け付けていません。