ガッツだせ!

何をするにも根性は必要だ。人間は追い込まれた時こそ真価を問われる。そうだ今こそガッツ出せ!

鳥谷敬が2000本安打を達成!阪神の生え抜きでは2人目!

阪神一筋14年の鳥谷敬が、2000本安打という大偉業を成し遂げました!

どうやら、阪神の生え抜きでは、藤田平以来2人目の快挙みたいですね。

2004年に、鳥谷敬が、常勝軍団であった早稲田から阪神に入団した時は、

まさか2000本安打を達成するなんて考えもしなかったです。

大学在籍時は、ベストナインや首位打者を獲得しただけでなく、

2年生の時には、三冠王にも輝く素晴らしい成績を残しましたが、

それほど、突出したものが見当たらなかったというのが正直なところ。

飛び抜けた才能というか、爆発力というものをあまり感じなかったのです。

どちらかと言うと、すでにプロの速球に対応できる打撃技術があった

同期でヤクルトに入団した青木宣親の方を注目していました。

ただ、突出した能力はないものの、平均して能力が高かったため、

打撃や守備、走塁などの全てのプレイを難なくこなしていました。

おそらく、生まれながらにして野球のセンスは持っていたんでしょう。

それと、鳥谷敬には、他の選手にはない素晴らしい才能がありました。

それは、どんな苦境に直面してもくじけない強い精神力です。

記憶に新しいのが、今年5月に顔に受けた死球ではないでしょうか。

ボールが顔にあたって鼻の骨を骨折したにもかかわらず、

フェイスガードを装着して次の日の試合に強行出場。

連続試合出場という記録もかかっていたということもありますが、

彼の精神力の強さに本当に驚かされました。

このような強い精神力が鳥谷敬の2000本安打達成の

大きな原動力になったことは間違いありません。!

休むことなくここまで試合に出場してきたからこそ、

たくさんのヒットを積み重ねることができ、

鳥谷敬が、2000本安打を達成できたんだと考えています。

ここまできたら、2500本安打を目指してほしいです。

体もまだまだ若々しいし、40歳を超えても十分にやれるはず。

若手の台頭もありますが、負けずに頑張ってもらいたいですね。

コメントは受け付けていません。